Haskell

型クラスを含んだ型推論を概観する 〜Typing Haskell in Haskell より〜

この記事は CAMPHOR- Advent Calendar 18日目の記事です. こんにちは @yu_i9 です.CAMPHOR- Advent Calendar には今年が初参加になります! 本記事では「Typing Haskell in Haskell (通称 thih)」から型クラスを含んだ型推論のエッセンスを紹介したいと思…

System F をHaskellとPythonで実装した

無事夏休みに突入して時間ができたので再びTaPLを読み始めました.半年触っていなくても進行,保存の証明が書けるあたり,春の自分はずいぶんしっかりと勉強していたようです.春は22章の型再構築まで読んでいたので,ひとまず23章のSystem Fから読んでサク…

Haskellで簡単な正規表現を実装した【KMCアドベントカレンダー8日目】

KMCアドベントカレンダー8日目の記事です。講義で正規表現とかオートマトンをちゃんと学んだので、Haskellの修行も兼ねて簡単な正規表現を実装しました。理論とか実装とかダルいと思うので、おまけだけ読むと楽しいかも知れません。

Haskellで大域変数が欲しい時はReaderモナドを使いましょう

何の知識もなくHaskellでコードを書いていると大域変数を引き回してしまうことが多々あり、非常にイライラします。Haskellで大域変数を実現したいときはReaderモナドを使えば良いようです。微妙にリファレンスが少なくてヤキモキしたので知見を並べていきま…

【Haskell】Debug.Traceとプロファイリングで幸せなデバッグ生活

Haskell Hierarchical Librariesをぼんやりと眺めていたところ、Debug.Traceが目に止まった。効率の良いデバッグとかテストに憧れを持ち始めるお年頃なので、こういうパッケージ名に弱いのかもしれない。まあ実際、Haskellでコードを書いていると、printfデ…