Wantedly SPRING INTERNSHIP 2016 に参加しました

3/2(水)〜3/4(金)の3日間,「Wantedly SPRING INTERNSHIP 2016」に参加しました.

www.wantedly.com

1日目

CEOの仲さんからプロジェクトを作るための心構えやノウハウを講義していただき,ZOOS(Wantedly Zero to One Objective Setting)という枠組みで新規事業をチームで考えていきました.アイディア出しに1時間,モック作成に3時間と非常に過密なスケジュールでしたが,各段階で仲さんのフィードバックをいただきながら新規事業を創出することに成功しました.実際に市場にインパクトを与えている経営者からのレビューは非常に鋭く,自分たちではたどり着けないところまで思考を引き上げていただきました.

2日目

2日目は打って変わってコーディング漬けの一日でした.実際に稼働しているWantedlyの新卒採用ページをReact.jsで置き換えることを目標に講義と演習を繰り返しました. まず最初に,HTML/CSSのレベルでトップページの一部を再現しました.制限時間は1時間,一番早かった人にはプレゼント(大嘘)というスピード感のある環境で,普段はあまり書かないCSSに一気に取り組めました.答え合わせのコーナーでは,Flexboxによる簡単なレスポンシブデザインなど比較的新しい技術についての説明もあり参考になりました. それが終わると次はReact.jsの講義・演習をしていただきました.Reactはそろそろ実践してみようと思ってチュートリアルを読んだりしていたので非常に興味を持って取り組めました.WantedlyでもReactを用いたSPAに切り替えていく流れがあるという話もこぼれ,積極的に新技術を採用するWantedlyのバイタリティを感じました. 合間に社員の方との昼食をはさみながら講義・演習を乗り越え,18時頃からはひたすら実装しました.メンターの方が「今夜は徹夜だね」とぼやいたのを半ば真に受けるくらい熱量のある場でとても刺激を受けました.

3日目

3日目は前日に引き続き黙々と実装を進めました.Reactのコンポーネント指向を感じながらも,CSS設計に失敗してしまい思ったように実装できずかなり苦しみましたが,最低限見せられるものを実装しました.ほとんどページを再現してアレンジまでしているチームもあり,インターン全体のレベルの高さを感じました. それが終わった後,「Demo Day」というWantedlyの取り組みを発表し合う会に参加させていただきました.真面目なビジネスの取り組みから社内のコーヒーサービスまでトピックは多岐にわたり,Wantedlyのビジネス的な面からアットホームな雰囲気までたっぷりと体感することが出来ました.

まとめ

3日間非常に忙しく,スタートアップらしい熱量を感じました.モダンなWebアーキテクチャやインフラを目指して常に変わろうとしているWantedlyの勢いも実感しました.3日間付きっきりで面倒を見てくださったみなさん,本当にありがとうございました.